【平成31年度】国民健康保険税の改正内容

公開日 2019年06月03日

更新日 2020年06月16日

アンカー平成31年度からの限度額引き上げについて

国民健康保険税の課税限度額のうち、医療給付費分が58万円から61万円となります。(後期高齢支援金分:19万円、介護納付金分:16万円は変更ありません)

区分 改正前(平成30年度)  改正後(平成31年度) 
医療給付費分 58 万円

61 万円

後期高齢者支援金分 19 万円 19 万円
介護納付金分 16 万円 16 万円
課税限度額合計 93万円 96 万円

平成31年度からの均等割額・平等割額の軽減判定について

 国民健康保険税の均等割額、平等割額に対する5割軽減及び2割軽減の軽減判定所得を見直し、対象世帯が拡大されます。

区分 軽減判定所得
改正前( 平成30 年度)  改正後( 平成31 年度)
2 割軽減 33 万円+( 50 万円× 被保険者数)以下 33 万円+( 51 万円× 被保険者数)以下
5 割軽減 33 万円+( 27.5 万円× 被保険者数)以下 33 万円+( 28 万円× 被保険者数)以下
7 割軽減 33 万円以下 33万円以下

※被保険者数には、特定同一世帯所属者(国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した人)を含みます。

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課国保係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4728
FAX:0463-95-7612
このページの
先頭へ戻る