外国人観光客に地域の魅力を紹介する「大山地域通訳案内士」が誕生します~育成計画を策定しました~

公開日 2020年07月17日

更新日 2020年10月29日

「大山地域通訳案内士」が誕生します

伊勢原市では、平成30年1月4日に施行された改正通訳案内士法により導入された地域通訳案内士制度について、県内初となる地域通訳案内士育成等計画を策定しました。同計画に基づき、大山地域の観光資源の魅力を伝えることのできる「大山地域通訳案内士」を育成し、外国人旅行者の誘客や滞在満足度向上に努めます。

※大山地域通訳案内士制度の内容・詳細等については、以下「大山地域通訳案内士育成等計画」をご参照ください。

【概要図】地域通訳案内士制度の導入により目指す姿[PDF:175KB]

大山地域通訳案内士育成等計画[PDF:147KB]

※ 新型コロナウイルス感染症の感染状況等を鑑み、令和2年度の育成研修は中止いたします。

地域通訳案内士とは

特定の地域内において、「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」者を言います。特定の地域において、その固有の歴史・地理・文化等の現地情報に精通した者であり、各自治体が行う研修受講を通じて「地域通訳案内士」として登録を受けた方です。

関連ワード

お問い合わせ

経済環境部 商工観光課観光係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4729
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る