【受付終了】伊勢原市小規模事業者臨時給付金(第2弾)について

公開日 2021年03月31日

更新日 2021年06月01日

新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受けている市内小規模事業者の事業継続等を支援するため、伊勢原市小規模事業者臨時給付金(第2弾)を支給します。

第2弾小規模事業者臨時給付金(チラシ)[PDF:687KB]

支給対象

以下の条件をすべて満たす事業者

  1. 令和2年12月31日以前に創業し、市内に事業所を有して事業を営む小規模事業者であること ※1
  2. 伊勢原市内に「神奈川県の営業時間短縮要請(令和3年1月12日から令和3年3月31日まで)の対象外であった事業所」を有していること ※2
  3. 減少率及び減少額の要件を満たしていること ※3

※1 小規模事業者(参考:中小企業基本法等)

株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、有限会社、中小企業庁が会社の範囲に含むものとする各種士業法人及び個人事業主を対象とします。

業種分類(日本標準産業分類参照) 常時使用する従業員数
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く) 5人以下
サービス業の内、宿泊業・娯楽業 20人以下
製造業その他

※2 神奈川県の営業時間短縮要請

営業の形態や名称にかかわらず、通常20時から翌朝5時までの時間帯に営業し、食品衛生法の飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けている店舗(特措法第24条第9項及び第45条第2項に基づくもの)です。

※3 減少率及び減少額(どちらかの方式で条件(1)及び(2)を満たす)

【法人】A・B方式のどちらでも申請可能です。

【個人】青色申告書により各月の事業収入額を証明できる方は、A・B方式のどちらか、それ以外の方はB方式を用いてください。

方式 (1)減少率条件 (2)減少額条件

A方式

令和3年1月・2月・3月のいずれかの事業収入が、前年または前々年の同月と比較して、▲20%以上

令和3年1月・2月・3月の事業収入の合計が、前年または前々年の同月合計と比較して、▲10万円以上

B方式

令和3年1月・2月・3月のいずれかの事業収入が、前年または前々年の月平均1か月分と比較して、▲20%以上

令和3年1月・2月・3月の事業収入の合計が、前年または前々年の月平均3か月分と比較して、▲10万円以上

支給額

1事業者あたり、一律10万円

申請書類に不備等が無ければ、約2週間を目安にご指定の口座にお振込みいたします。

申請期間 ※本給付金について、申請受付は締め切りました。

令和3年4月12日(月曜日)から令和3年5月31日(月曜日)まで

※感染症拡大防止のため、原則、郵送での申請をお願いします(消印有効)。

申請書等の様式

  • 小規模事業者臨時給付金(第2弾)申請書(第1号様式・法人用)または同申請書(第2号様式・個人用)
  • 事業収入比較表
  • 税理士または公認会計士による事業収入確認書(確定申告書が提出できない場合に使用)

申請書類一覧

【法人の場合】

NO. 具体例申請書類 法人備考
1 申請書(第1号様式) 記入例(法人用)を参考に、ご記入ください。
2 事業収入比較表 記入例を参考に、ご記入ください。
4本協力金の振込先が分かる書面43

受取口座の通帳の写し(法人名義)

金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、名義人が分かるページの写し(通帳の表紙、1・2ページ目の両方)

※ 電子通帳等、紙媒体の通帳がない場合は画面コピー

事業活動を証する書面4

確定申告書類の控えの写し

前年または前々年の事業収入を証する確定申告書別表一(1枚目)及び法人事業概況説明書(1枚目・2枚目(両面))の控えの写し

※ 確定申告書別表一の控えには、収受日付印が押されていることをご確認ください。 e-Tax の場合は受信通知が別途必要となります。

5 令和3年1月から3月までの各月の事業収入(売上高)を確認できる書類の写し 売上台帳、帳簿等の写し
6 法人設立・開設届出書の控えの写し

※ 納税地が市内ではない等、確定申告書別表一において、市内に事業所を有することが確認できない場合に限り、ご提出ください。

※ 「本店又は主たる事務所の所在地」又は「支店・出張所・工場等」欄のいずれかの所在地が市内であること、収受日付印(提出日が令和3年2月28日以前)が押されていること、をご確認いただいた上でご提出をお願いします。

【個人事業主の場合】

NO. 具体例申請書類 法人備考
1 申請書(第2号様式) 個人用記載例を参考に、ご記入ください。個人用記載例を参考に、ご記入ください。個人用記載例を参考に、ご記入ください。記入例(個人用)を参考に、ご記入ください。
2 事業収入比較表 記入例を参考に、ご記入ください。

4本協力金の振込先が分かる書面43

受取口座の通帳の写し(申請者名義)

金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、名義人が分かるページの写し(通帳の表紙、1・2ページ目の両方)

※ 電子通帳等、紙媒体の通帳がない場合は画面コピー

事業活動を証する書面4 確定申告書類の控えの写し

【青色申告の場合】

前年または前々年の確定申告書第一表(1枚目) 及び所得税青色申告決算書(1枚目・2枚目)の控えの写し

【白色申告の場合】

前年または前々年の確定申告書第一表(1枚目)及び収支内訳書(1枚目・2枚目)の控えの写し

※ 確定申告書第一表の控えには収受日付印が押されていることをご確認ください。 e-Tax の場合は受信通知が別途必要となります。

5 令和3年1月から3月までの各月の事業収入(売上高)を確認できる書類の写し 売上台帳、帳簿等の写し
6 市内での事業実態を確認できる書類の控えの写し

食品営業、酒類提供、風俗営業、古物営業等に係る許可証又は届出書等の控えの写し

7 申請者の本人確認ができる書類の写し 運転免許証、個人番号カード又は保険証等の写し

提出書類チェックリスト[PDF:68.1KB]

本給付金に関するQ&A(令和3年4月9日更新)

よくあるご質問をまとめましたので、ご不明点等ご確認ください。→給付金(第2弾)Q&A[PDF:466KB]

送付先及び問い合わせ先

〒259-1188 伊勢原市田中348 伊勢原市役所商工観光課 給付金担当

専用ダイヤル 0463-92-1113(平日 午前9時から午後5時まで)

お問い合わせ

経済環境部 商工観光課産業振興係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4732
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る