自然の恵みと道具に感謝~「納め包丁」が行われました~

公開日 2020年08月13日

納め包丁の様子1
揃いの行衣にミニ太刀を持って
納め包丁の様子2
鮮魚店など水産関係者ら11人が参加
納め包丁の様子3
使い込まれた包丁
納め包丁の様子4
相模湾でとれた「太刀魚」をお供え
納め包丁の様子5
無事に奉納が終わりました
納め包丁の様子6
撮影のためマスクを外しています

令和2年8月10日、大山阿夫利神社社務局で、小田原魚市場買請人組合を中心とした水産関係者が、太刀の代わりに包丁を納める「納め包丁」を行いました。
 古くから海洋の守り神、大漁の神としても信仰を集めた大山。鮮魚店や仲買人らが、海の幸をさばくために長年使用した包丁やハサミ約100丁を自然の恵みや道具への感謝をこめて奉納し、商売繁盛、疫病退散などを祈りました。
 事務局を務めた市内鮮魚店の田中さんは「私たちは日々生き物の命をいただいている。また、包丁は魚をおろすのに欠かせない道具。双方への供養と感謝の意味をこめて実施した。今後、この取り組みを家庭にも広げ、多くの人に参加してもらえたら」と話していました。

このページの
先頭へ戻る