大山阿夫利神社秋季例大祭が行われました

公開日 2020年09月01日

お下りの様子1
唐櫃(からびつ)を担ぎ男坂を下ります
追分社でご祈念
追分社で御祈念
お下りの様子2
こま参道を通って社務局へ
お上りの様子1
初めてケーブルカーで「お上り」
お上りの様子2
車内でもしっかりと支えます
お上りの様子3
大山阿夫利神社下社に戻ります

令和2年8月27日~29日の3日間、 夏山の無事を感謝し、大山に秋の訪れを告げる秋季例大祭が行われました。
 例年であれば、神様を乗せた神輿を氏子ら約40人が担ぎ、険しい男坂を力強く下り・上る勇壮な神事ですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため規模を縮小し、唐櫃(からびつ)を用いて最少人数での開催となりました。
 29日に行われた「お上り」では安全を考慮し、ケーブルカーを利用。奇しくも初めて大山の神様がケーブルカーに乗ることとなりました。
 大山阿夫利神社 宮司の目黒仁さんは「規模を縮小した例大祭となって残念ですが、明治初期から毎年続けてきた伝統を今年も守れたことはうれしい」と話していました。

※お上り撮影:いせはらシティプロモーション公認サポーター 目黒久仁彦さん

このページの
先頭へ戻る