伊勢原市合併処理浄化槽設置補助金について

公開日 2020年04月16日

更新日 2020年04月16日

伊勢原市では、生活排水による河川の水質汚濁を防止することを目的として、単独処理浄化槽又はくみ取り便所から合併処理浄化槽への設置替えを促進するために補助金を交付します。

伊勢原市合併処理浄化槽設置補助金の概要

主な補助対象地域

伊勢原市内のうち、下水道の事業計画の予定処理区域を除く地域

主な補助対象

次の条件を全て満たす必要があります。

  • 単独処理浄化槽又はくみ取り便所から合併処理浄化槽への設置替えであること(家屋の新築、建て替えでないこと)
  • 設置替えについて建築基準法第6条第1項の規定に該当しないこと(建築確認を必要としないこと)
  • 専ら自己が居住の用に供する住宅に整備するものであること
  • 便所、台所、風呂等と合併処理浄化槽の間及び合併処理浄化槽と放流先の間を管きょで接続するものであること
  • 他の予算制度に基づき国、県又は市の補償又は補助を受けていないものであること
  • 市税の滞納がない者であること
  • 交付を申請する年度内に完了検査を受検することのできる者であること
  • 合併処理浄化槽を適正に、かつ、継続的に維持管理できる者であること

補助金額(上限)

人槽区分 単独浄化槽から
設置替えを行う場合
単独浄化槽に代わって設置する場合単独浄化槽に代わって設置する場合単独浄化槽に代わって設置する場合くみ取り便所から
設置替えを行う場合
5人槽 632,000円 332,000円
7人槽 714,000円 414,000円
10人槽 848,000円 548,000円

撤去費加算額:単独処理浄化槽を撤去する場合のみ上記金額に90,000円を加算(令和2年3月31日時点の公共下水道の全体計画の区域外で使用期間が30年以内のものに限る。)

人槽区分は、設置する合併浄化槽の人槽となります。人槽は、処理対象人員算定基準(JIS A 3302-2000※)による数となります。
 ※ただし書きによる人員の増減あり

手続

交付申請から補助金の交付までの手続については、補助の流れ[PDF:463KB]をご参照ください。

申請

申請書(第1号様式)と、申請書内記載の添付書類を添えて担当まで直接ご提出ください。

予算の範囲での補助となりますので、申請書を提出する前に担当に確認いただきますようお願いします。

合併処理浄化槽設置補助金 申請関連様式[DOC:109KB]

合併処理浄化槽設置補助金 申請関連様式[PDF:113KB]

事業認定、工事着手

申請書の提出後、既存の浄化槽の設置状況を市職員が現地で確認させていただきます。現地の状況と申請書類に問題がなければ、補助事業認定書を交付します。

設置替えの工事は、この補助事業認定書の受領後に工事着手届を提出した上で着工してください。

完了検査、交付決定、補助金の交付

設置替えの工事が完了したら、市に合併処理浄化槽設置完了届を提出してください。合併処理浄化槽の設置状況を市職員が現地で確認させていただきます。

現地の状況と届出書類に問題がなければ、交付決定通知書を交付します。その場合、交付決定通知書と併せて補助金の請求書をお渡しします。振込先の預金口座を記入の上、担当に提出してください。なお、振込先の口座は、必ず申請者本人の名義の口座を指定してください。

注意事項

  • 申請する年度の年度末までに、工事の完了検査を受ける必要があります。申請書は、申請する年度の1月末までを目安に提出してください。

  • 予算の範囲内で実施されますので、早めの申請をお願いします。また、申請書を提出する前に、予算の残額があるか担当に確認いただきますようお願いします。

  • 補助金の申請をする前に工事に着手した場合は、補助金を交付することができません。必ず、工事に着手する前に申請してください。

  • 浄化槽法に規定する法定検査は、必ず毎年受検してください。

お問い合わせ

経済環境部 環境対策課公害対策係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4735
FAX:0463-95-7613

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る