「はまPay」アプリで簡単に市税及び後期高齢者医療保険料を納付書払いできます

公開日 2020年11月15日

更新日 2020年11月20日

コンビニエンスストアまたは金融機関に出向くことなく、24時間365日、いつでもどこでも簡単に

令和2年11月15日からバーコード付き納付書は「はまPay」アプリで簡単に納付できます。

令和2年10月からリリースしているところ

横浜銀行:はまPay

ゆうちょ銀行:ゆうちょPay

沖縄銀行:OKIPay

アプリで納付ができる税・料金

  • 市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)
  • 国民健康保険税(普通徴収)・後期高齢者医療保険料(普通徴収)

横浜銀行  はまPayアプリご利用方法のページをご覧ください。

 

 

はまPayのダウンロードはこちらから

(Androidの方)(iOSの方)

 

ご利用履歴はアプリ内メニュー「ご利用履歴」にてご確認ください。     

納付手続きに必要なもの

  • バーコード付納付書
  • はまPayアプリの使えるスマートフォン
  • 横浜銀行の普通預金口座(含む総合口座)、カード暗証番号、メールアドレス(はまPayの初期登録に必要です。)

その他の注意事項

  • 納付書のバーコードのコンビニ取扱期限が過ぎると利用できません。
  • 1枚につき30万円以下の払込に限ります。また、バーコード印刷のない納付書では納付できません。
  • 納付金額が訂正された納付書は利用できません。
  • 納付手続き完了後に納付を取り消すことはできません。
  • 破損や汚損などでバーコード情報が読み取れない納付書は利用できません。
  • タブレット・パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からはまPayによる納付はできません。
  • はまPay請求書払いを利用されると、通帳の摘要欄に「ハマペイ」と記載されます。お支払い内容はアプリ内の利用履歴をご確認ください。
  • お支払口座として設定できる口座数は、1アカウント(ID)につき1口座となります。

はまPayに利用上限金額はありますか?また、利用上限金額はどのように登録・変更するのですか?

コード決済の初期設定の利用上限額は0円で設定されています。10万円以内の利用上限額への変更であればアプリ上で設定可能です。

◆上限金額の変更方法

アプリ右上のメニューから「設定」>「お支払い口座の設定」>「1日に利用できる上限金額」で変更していただけます。

詳しくは、上限金額の変更方法「STEP4」をご覧ください。

はまPayアプリのご利用全般 はまPayサポートデスク電話0120-084-580

領収書について

  • 領収書や軽自動車税納税証明書は発行されません。領収書や軽自動車税納税証明書を必要とする場合は、納付書裏面記載の金融機関やコンビニエンスストア等の窓口で納付してください。
  • 軽自動車税の納付でスマホ収納を利用した場合、継続検査(車検)用納税証明書が必要な際は、別途、市役所窓口で証明書を取得する必要があります。 

お問い合わせ

総務部 収納課収納管理係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-74-5495
FAX:0463-95-7612
このページの
先頭へ戻る